国産かぼちゃの優しい甘さが口に広がるおかき 新島八重 南瓜かき餅 歯ざわりの軽い、かぼちゃのおかきです。

食を通して、江戸の養生文化を今に伝える

「籠城かき餅」は、「養生食」として食されてきたかぼちゃを丸ごと生地に練り込み、熟練の職人が丹念におかきに仕上げました。
江戸時代に生まれた健康づくりの文化を継承する”養生逸品”が、皆様の健康の一助となれば幸いです。

  • 新島八重 南瓜かき餅イメージ
  • 新島八重 南瓜かき餅イメージ
  • 新島八重 南瓜かき餅イメージ
この商品を購入する
  • 江戸時代末期、会津藩の武家に生まれた八重は、実兄 覚馬から砲術の指南を受けます。戊辰戦争で籠城戦が始まると男装した八重は自らスペンサー銃を持って奮闘しました。
    籠城戦の際、籠城食のひとつとして食されたのが「かぼちゃ」。保存がきき、腹持ちが良い「かぼちゃ」は一ヶ月にも及ぶ籠城戦を生き抜いた会津の人々の命をつなぎました。

  • 壮絶な籠城戦の末、会津藩は降伏。戊辰戦争により八重は多くのものを失いました。しかしその後、京都に移住した八重は積極的に教育や社会福祉等活動を行い、女性の社会進出のさきがけとなったと言われています。
    江戸から昭和と激動の時代を生きた八重は、どんな苦境に立たされても常に前向きに自らの手で人生を切り拓いた女性でした。

新島八重 南瓜かき餅

販売価格
380 (消費税込・送料別・手数料別)
内容量
60g
数量
個数を増やす
個数を減らす
買い物かごに入れる
すぐに購入する
養生逸品 > 新島八重 南瓜かき餅